リエ5輪のメダルが発表されましたね。

どうやら今年の金メダルは歴史上最も重いそうです。

金銀銅すべて500gということで、
これは2012年のオリンピックメダルの400gよりも
100g重くなっている仕様になります。

ただ、決して豪華になったと断言できるわけではなく、
金メダルはほとんどが「銀」で作られていることが判明。

金メダルは金の箔を銀の表面上に塗っただけだということです。

スポンサードリンク



それってなんだかなあ~という感じがするのは私だけでしょうか。

さらに、これは私も知らなかったのですが、
パラリンピックのメダルは振ると音が鳴るようになっているそうです。

なんでも目が見えない人のために音を使ったのだとか。

なぜメダルを振ると音が鳴るのかというと、
メダルの中に金属製の球が入っているからだそうです。

なんだか、おしゃれですよね。

振ると音が鳴るメダル。
それはそれでもらったらうれしいと思います。

スポンサードリンク