プロスポーツ選手ならぬ、プロゲーマーをあなたはご存知でしょうか。

今、海外の先進国を中心に、ゲーム大会の賞金で稼いでいる人が急増しています。

スポンサードリンク



中には一つの大会で賞金総額が20億円規模にまで上るものもあり、
格闘ゲームやシューティングゲーム、戦略ゲームなどの
いわゆるプレイヤーどうして対戦するゲームのことを
「E-SPORTS」と呼ぶ風潮さえ出来上がってきました。

そしてこの「E-Sports」は今海外でも注目度が高く、
海外で人気度が高いゲームタイトルの大会になると、
その会場は熱気で湧き、ウェーブが起こり
観客は総立ちになって観戦しているとのこと。

更に、そのゲーム大会で勝利した人は観客たちから
「スター」として尊敬されてさえているのです。

そのプロゲーマーたちの中には年収が一億円以上になる人もいるのだとか。

しかし、日本ではまだプロゲーマーというステータスは認知されていません。

日本のゲーム作りは世界と比較しても優れているのですが、
そのゲームプレイヤーが育ちやすい環境はまだ整っていないのです。

例えば、ゲームをしていたら「遊んでいる」と思われてしまう風潮が
昔から今にかけても強く残っていることは論じる必要さえないと思います。

そのようなことから「ゲーマー」という道を選びずらい空気があるわけです。

しかし、よくよく冷静に考えると、既に職業として認識されている
「スポーツ」と特に大きな差があるわけでもありません。

ゲームもスポーツも何かを「生産」していない点では一緒なのですから。

しかし、スポーツが職業として成り立っているのは
そのスポーツを見る人を熱狂させ、感動させて
更には夢を与えることができるからです。

故に、スポーツには多くの人を巻き込む力があり、
広告宣伝効果グッズ販売などを一つの収益源にした上で
ビジネスとして軌道に乗せることができています。

そして、これからの時代はその理屈と全く同じように
「プロゲーマー」も立派な職業として認知されていくでしょう

先にも書きましたが、ゲームにもスポーツ同様
見ている人を熱狂させて、感動させる力があるからです。

既に海外ではゲーマーが仕事として成り立っているわけですから
今後日本も同様の流れを辿るであろう事に否定の余地はありません。

また、その風潮を作りあげた大きな要因として
かつてゲームは個人や仲間内で楽しむものだったのが
ネットが普及して世界中の人とプレーできるようになったことも
一つの理由として挙げることができると思います。

世界中の人とゲーム体験を共有できるようになったことで
より大きな影響力が生まれてきたわけですね。

そのような中で、海外プロゲーマーは有名なテレビ番組にゲスト出演をしたり
女子アナと婚約をするなど高いステータスを得ていると聞きます。

それだけ海外ではゲームが仕事として「認められている」ということなのです。

ちなみに、数か月後に開催されるリオデジャネイロの五輪に合わせる形で
e-sportsの国際大会が開かれることになっています。

あえて五輪が世間の注目を独占するであろう時期に大会を開催することができるわけですから
これはe-sportsのスポンサーたちもゲーム大会の影響力の大きさを認めている証拠です。

「ゲームは悪いもの」という考え方をかたくなに信じて疑わないのは
先進国の中では日本だけぐらいだといわれています。

しかし、そんな「お堅い?」日本の現実に風穴を開けるかのように
東京アニメ・声優専門学校には「eスポーツに特化した専攻科」が作られたそうです。

当然、その学科ではゲームの教育が行われ
その目的は「プロゲーマーの育成」となっています。

その流れを受けてか、つい最近、プロゲーマーに対して
初の「アスリートビザ」を発給するという話まで出てきました。

更に驚くべきことに日本の国会には、マイナーな組織ではありますが
「オンラインゲーム議員連盟」なるものが作られたそうなのです。

スポンサードリンク



その議員たちの働きにより、プロゲーマーに対して
「アスリートビザ」の支給が許可されたと言われています。

その議員たち、先見の目がありますよね。

その際、議連事務局長の松原仁衆院議員は

ひとつの産業として大きく成長してほしい。『目指せ、Jリーグ!』みたいな形で、プロeスポーツも大きく成長してほしい」

と語っていました。

この方は完全にビジネス目線、産業目線ではありますが
これはゲーマーたちにとっても決して悪くない話だと思います。

この機会にゲーマーへの偏見を取り除き、認知する空気を作り上げたいものです。

しかし、世間のゲームに対して抱いている「偏見」以上に
プロゲーマーの「行く手を阻む壁」があるといわれています。

それが「賭博罪」です。

現状のプロゲーマーに対する苦難

プロゲーマーはいうなればゲームでお金を稼いでいる人なのですが、
現在、ゲームを介して金銭を受け取ることを
「賭博」とみなす風潮があります。

要するに、e-sportsの世界には「プロ」という正式なステータスがないため
その大会におけるゲームの対戦で手にする賞金は

「賭け事で手に入れた金銭」

と思われてしまうのです。

それはそのまま「賭博罪」などで罰則を与えられる原因になります。

一刻も早く、その偏見に満ちた認識を解き崩してほしいですね。

ちなみに、日本の隣接国である「韓国」では
軍事訓練の一環としてe-sportsを導入しています。

今後、日本も古くから残る偏見に固執して
その結果として海外に置いて行かれることのように
子供世代の人達のことを真剣に考えて
新しい価値観を幅広く積極的に学ばせ、
その中から取捨選択させていく力を養わなければいけません。

プロゲーマーに限らず、日本では認知を得られていないスポーツが沢山あるはずです。

しかし、そのあたりを踏まえたうえで、客観的に自分を見つめ、修正しさえすれば
徐々に認知度と理解度は高くなっていくに違いありません。

以上、自分の偏った思考や姿勢を修正する為の一助になったエピソードでした。

スポンサードリンク