世界の果てまでイッテQでおなじみのイモトアヤコさんが、アルプスのアイガーに登ることを決断したそうです。

アイガーには「死の崖」と呼ばれる場所があり、これまで多くの登山家が命を落としてきたと聞きます。

イモトさん、果たして大丈夫なのでしょうか。
すごく心配になりました・・・

そこで今回は、余計なおせっかい(?)から、この『アイガー」という山について調べてみました。

イモトがイッテQで登山するアルプスのアイガーってどんな場所?

今回イッテQでイモトさんが挑戦するアイガーという山峰は、標高3970メートル。

アルプス山脈の中でも指折りの知名度だそうです。

アイガーには「ナイフの刃」のように両サイドが切り立ったルートが存在し、イモトさんが挑むのはこのルートになるとのこと。

アイガー

この写真はアイガーの北壁(イモトさんが上る予定)の写真なのですが、この写真をみると、登山ルートの両側が「崖」が聳え立つ形で形成されており、
その形はまるで「ナイフ」のようにみえます。

そのゆえんからこの場所は「ナイフリッジ」と呼ばれているようですね。

イモトさんはこれまでに、

  • ・キリマンジャロ(アフリカ)
  • ・モンブラン(アルプス)
  • ・アコンカグア(南米大陸最高峰)
  • ・マッターホルン(アルプス)
  • ・マナスル(ヒマラヤ)
  • ・マッキンリー(北米最高峰)

と6つの山に挑戦してきた経歴をお持ちです。

無事にナイガーに盗聴してくださることをお祈りします。