スポンサードリンク


小型無人飛行機、通称「ドローン」ですが、
日本も含め各国でドローンに関する法律や規制などがあり、
ドローンを飛ばせる空域が制限されています。

そのような背景から、ビジネスに利用を試みようにも
それら規制の問題で思うように進展がありませんでした。

ちなみに、そのような規制が存在する理由は
テロや犯罪の利用に使われることを防止する為だとされています。

ドローン宅配

しかし、日本が地域限定でその規制を緩める地域を定めたことで、
ドローンをビジネス活用できる可能性が高くなりました。

ちなみに、その地域は「千葉県千葉市」となっています。

そして、実際にドローンをビジネス活用しようと試みているのが
ネット通販会社のAmazon(アマゾン)で、荷物を宅配する際に
マンションなどの高層階へドローンで運ぶことを考えているそうです。

もしこの試みが成功すれば世界初ドローンの商業利用となり、
それと同時に「千葉市」が世界で初めて
ドローンをビジネス活用した地域になります。

千葉市の計画によると、ドローンの商業利用を許可する場所は
東京湾に面した幕張新都心のマンション周辺だそうです。

この場所一帯に、Amazon宅配物の集荷倉庫や宅配所を設営したうえで、
そこから約10キロ程離れた目的地へ運ぶことが予定されています。

ちなみに、その10キロの道程には「川」や「海」があるため
車で荷物を運ぼうとした場合、それらを迂回しなければなりません。

しかし、ドローンの「空中を飛べる」という利点を活かすことで
「川」や「海」の上空を飛び越えて、
目的地まで直線経路で無駄なく荷物を運べるようになります。

そのような方法でドローンを活用することで宅配時間を短縮できたり
人件費を削減できるというメリットを得られるとのこと。

さらには、ドローンを用いることで
その近辺のドラッグストアからマンションのベランダなどに、
薬や日用品を届けるという案も持ち上がっています。

しかし、現状の法律上では薬を購入するにあたり
処方箋を薬局にもっていく必要があるため、
処方箋を提出しなくても薬を購入できるようにしなければなりません。

そこで持ち上がっている有力な案が、

「テレビ電話で処方箋を出してもらえる仕組み」

だそうです。

スポンサードリンク



この案が可決されれば、高齢者や子育てする主婦などが
外出することなく薬を手に入れることができるメリットがあります。

このように、ドローンの商業利用を可能にすることで
様々なメリットが得られる可能性が考えられるわけです。

それを世界に先立って始めようとしているのが
「千葉市」だということになります。

現在、ドローンの商業利用が実現している地域はありません。

現状の航空法では、ドローンが飛べる高度は
「高さ150メートル以上」と決まっていたり、
人口密集地では飛ばせないとう決まりがあります。

更には、ドローンを利用する際には
目視による監視者をつけなければならないなど、
ドローンの使用条件が細かく決められているため
なかなか商業利用が困難だったわけです。

そこに風穴を開けようと試みているのが
千葉市とAmazonだということですね。

ただ、現状、Amazonはドローンのビジネス活用に向けて
様々なテストを行っているものの
その結果は難航しているといわれています。

千葉市も規制や法案などを整える必要がありますし、
Amazonが事業化に成功するのはもう少し先かもしれません。

概ねここ1~2年以内に実現することを目指しているそうです。

もちろん、世界各国、ドローンの商業利用の可能性を探っているので
千葉市よりも先に成功する国や地域がでてくる可能性は否定できません。

今後、ドローンを活用するビジネスチャンスは膨大に増えていくはずですので
その動向に引き続き注目をしていきたいところです。

スポンサードリンク