綾瀬はるかさんは2013年に紅白歌合戦の視界を務めましたが、
その際のセリフの噛みっぷりがあまりに酷かったため(笑)、
もう二度と紅白の視界をすることはないのではないかと思われていました。

しかし、その二年後の2015年に再度紅白の視界を務めることになります。

当然、そこには、それなりの「事情」がありますので、
今回はその件について詳しくお伝えしていこうかと思います。

2015年紅白歌合戦の司会が綾瀬はるかになった理由

ayaseharuka1

実のところ、綾瀬はるかさんは2015年の紅白歌合戦の司会に
一番最初にオファーされていたわけではないといわれています。

2015年の紅白歌合戦の司会には、当初タモリさんにオファーが来ていたそうです。

しかしタモリさんはこの「司会のオファー」を断ったと言われてます。

すでにタモリさんは70歳という年齢ですし、体力的にハードだと判断されたのかもしれませんね。

タモリさんはあの有名な音楽番組「ミュージックステーション」の司会を長年務められた方ですので、音楽番組の司会はおそらく日本一のベテランだと思います。

そんな方が紅白の司会を務めるとなれば大盛況は間違いなし。

・・・と思っていたのですが、ご本人が断ってしまったのです。

そこでタモリさんの次の候補として選ばれたのが

「綾瀬はるかさん」

です(笑)

ベテランのタモリさんと、カミカミの綾瀬はるかさん。

紅白の司会を選考する人たちは、ストライクゾーンが広すぎますね。

ちなみに、2013年時の紅白歌合戦にて
綾瀬はるかさんがやらかした数々の失態(笑)配下の通りです。

・セリフをどわすれして「適当にごまかす」

・「天童よしみ」産の曲名を忘れてパニック。

・曲紹介の際「こんなメッセージが込められています」といったのに、その内容を言い忘れる。

・あの「美輪明宏」さんのコメントを途中で遮る(笑)

上で挙げたミスはほんの一部でしかなく、実際には細かいミスを合わせれば
それこそ数え切れないほどおかしてしまっていました。

もはや、視聴者の皆さんは

「あ~あ・・・」

の一言だったでしょう。

そのような経緯があり、綾瀬はるかさんは
もはや二度と紅白の司会に選ばれないと思われていたのです。

するとその予測を裏切り、わずか二年後に再び司会をすることに・・・

もちろん、そこには芸能事務所サイドの「事情」があるわけで。。。

NHKと綾瀬はるかさんの事務所による策略とは

綾瀬はるかさんが二度目の紅白歌合戦の司会に選ばれた理由には、

「精霊の守り人」

という番組が関係しているといわれています。

「精霊の守り人」はNHKによる三年という長期放送予定のファンタジーで
これはNHKの90周年を記念して企画された番組です。

綾瀬はるかさんはその「精霊の守り人」で主演を務めることが決まっています。

それがまさに今回、綾瀬はるかさんが紅白の司会に抜擢された理由です。

要するに、その「精霊の守り人」の視聴率を上げるために
綾瀬はるかさんへの注目度を上げようという策略ですね。

ちなみに、その「精霊の守り人」はデスノートの主演を務めた

「藤原竜也さん」

なども出演することが決まっています。

綾瀬はるか、藤原竜也「精霊の守り人」キャスト記者会見

話は戻りますが、結局綾瀬はるかさんが司会を務めた紅白は
例年と比べて「高い視聴率」を記録したそうです。

綾瀬はるかさんが司会をした年の紅白は高視聴率だった

例年、紅白の時期になると、紅白に出演する歌手やアイドルの特集が組まれ
世間から徐々に高い注目を集めていくものなのですが、
今年は特にこれといったがいない年だったのです。

そこで、視聴率が低くなってしまうのではないかと心配したNHKは
その視聴率を上げるためにまず最初に「タモリさん」にオファーをしました。

しかし、この記事の冒頭で説明した理由で断られ、
そしてその次に「綾瀬はるか」さんにオファーしたといわれています。

なぜ、上で挙げたような数々の大失態を沢山してきた
綾瀬はるかさんが司会に選ばれたのかというと、
綾瀬はるかさんが司会をした2013年は
44.5%という高視聴率だったからなのです。

この44.5%という数字が出せたのたのは、

「数々のミスをしていた綾瀬はるかさんに注目が集まったおかげ?」

とも推測されていたこともあり、再び司会に選ばれたと言われています。

あれだけの間違いを犯していた綾瀬はるかさんですから
世間から「ある意味での期待(笑)」があったわけですね。

そして、綾瀬はるかさんご本人はこの司会のオファーを

「きちんと練習をして再び挑戦してみたい」

ということで前向きに捉えたのでした。

ちなみに、綾瀬はるかさんの視界は前述のとおり、グダグダではありましたが、
共演した嵐の櫻井翔さんやSMAPの木村拓哉さんからは

「綾瀬はるかさんらしい」

「最高でした」

という好評価をえていました。

紅白にて出演者を立てる役割であるはずの司会が
一番注目を浴びるというのは珍しい事ですよね。

綾瀬はるかさん目当てに紅白を観覧された方も多かったのではないでしょうか。

綾瀬はるかさんのギャラクシー街道の衣装が話題に

「ギャラクシー街道」とは、あの三谷幸喜さんが脚本と監督を務めた映画です。

いわゆるロマンチック・コメディーですね。

その「ギャラクシー街道」の完成披露宴で綾瀬はるかさんが来ていた衣装が
大変評判が良かったようです。

黒色で、一部に大胆なカットが施された、素敵な刺繍の入ったドレスでした。

胸元と右足がよく見えるデザインで、綾瀬はるかさん、とても似合っていました。
綾瀬はるかさんの素敵ドレス姿はこちら