結腸憩室炎に疾患してしまった際には
どのような食事をとれば良いのでしょうか。

憩室炎は激痛や発熱を伴う病気なのですが、なぜそのような症状が生じてしまうのかというと、

大腸などを代表とする消化器官系で重度の炎症を起こしてしまっているからなのです。

ですので、なるべく炎症を悪化させず、きちんと炎症を鎮めることができる食事を摂取していきましょう。

結腸憩室炎のときの食事は何が良いの?

本当は憩室炎にかかる前から食べておきたいのが
食物繊維
です。

食物繊維を日ごろから十分量摂取し、消化を浴しておきましょう。

その他にはなるべく腸に刺激が少なく、休ませてあげられる食事を。

果物やおかゆ、ゼリー。

うどん、食パン、チーズ、卵。

このような低刺激の食事をしていきましょう。

特に果物には食物戦士が豊富に含まれているものもあり、
野菜などとあわせて食べれば十分量の摂取ができます。

なるべく消化器官を休めてあげながら、食物繊維をとること。
これが結腸憩室炎を直す上で重要なことです。