渡部豪太2

4歳年上の一般人女性と結婚をされた俳優の渡部豪太(わたべごうた)さんですが
気になることがあったので調べてみました。

主に渡部豪太さんの成約や出身校や英語力についてになります。

何故渡部豪太さんは英語力が高いのでしょうか。
それでは見ていきましょう。

スポンサードリンク


渡部豪太の性格は?

渡部豪太

渡部豪太さんの性格について調べてみたところ、
どうやら子供の頃から活発な性格だったようです。

これは個人的なイメージではありますが、今でも渡部豪太さんは
どことなく「やんちゃな少年」という感じがします。

少年時代から活発な性格だったことを裏付けるエピソードもありました。

なんと、渡部豪太さんは小学一年生(6歳の頃)に
たった一人で沖縄の祖父の家まで旅をしてみたり、
両親の職場まで道を聞きながら訪問をしたりと
既に幼い頃から

「冒険好き」

な性格だったのですね。(笑)

そんな少年時代はわんぱくで元気だった渡部豪太さんですが、
中学では何をされていたのでしょうか?

渡部豪太の出身校は?

渡部豪太さん、中学時代は県内で「名門」とされる柔道部に入っていたそうで、
その柔道部では規則で頭を坊主にすることになったそうです。

ところが、渡部豪太さんは中学時代からタレント活動をしていました。

なので、渡部豪太さん一人だけ「長い髪のまま」だったそうです。(笑)

このことについて渡部豪太さんご本人は

「一人だけ髪を伸ばしていたからさびしかった」

といっていました。

「さびしい」(笑)

そのような感情を抱くのは、なんとなく意外ですし、かわいいですよね。

自分だけで後ろめたいとか恥ずかしいとかならわかりますが、
「さびしい」って(笑)

冒険好きな性格で知られていますが、
意外と孤独に弱い一面もあるのかもしれません。

これは、渡部豪太さんが学生の頃の写真だそうです。
とても男前ですね。
渡部豪太4

また、渡部豪太さんのトレンドマークでもある
「くるくる巻き毛の天然パーマ」は、
子供時代はすごく嫌で、単発にしていたといっていました。

また、渡部豪太さんは特技に「柔道」、「水泳」、
そして「スケートボード」なども挙げています。

かなり運動神経がいいのかもしれませんね。

そして、渡部豪太さんさんは高校時代はバンドのボーカルをしていたそうです。

幼い頃からずっと活発だったのですね。

当時のバンドは3人組のロックバンドで、
主にB-DASHのコピーをしていたといいます。

ちなみに渡部豪太さんは音楽であれば何でも好きで
特に小さい頃からB’zが好きだったそうです。

これは渡部豪太さんの性格に非常にマッチしていると思いました(笑)

また、渡部豪太さんは後述するのですが
高校卒業後はカナダに語学留学したそうですが
帰国後は役者の道を歩んだので大学進学はしていないようです。

留学したバンクーバーを第二の故郷だと思っているといっています。

スポンサードリンク


渡部豪太さん、役者への道のり

上記のように、部活あり、仕事あり、バンドあり、
語学留学ありの有意義な留学生活を送ってきた渡部豪太さん。

帰国後、役者を志望することになります。

しかし、劇団の講義で

「自分とは何か」

というテーマで自己分析をしたところ
わずか4ページしか書けずに終わったとか・・・

それが不本意だったらしく、渡部豪太さんはそれ以降、
興味があることは積極的に体験するようになりました。

そして、2006年、多くの人が高い評価をしたテレビドラマ

「チェケラッチョ!!inTOKYO」

にて初出演を達成して、その後、
「天使の梯子」で演技が注目されてブレイクに至ったのです。

余談ですが、もしも俳優を目指していなかったら、
野菜を作る人になりたかったといっていました(笑)

俳優とあまりにもギャップありすぎますね(笑)

何故、渡部豪太は英語力が高いのか?

渡部豪太さんは驚くほど英語が堪能なので
帰国子女なのかと個人的に思っていましたが
どうやらそういうわけではなさそうです。

実は、渡部豪太さんは高校卒業後に
カナダのバンクーバーに1年間、留学していたとか。

これは渡部豪太さんがご自身で語っていたことなのですが、
渡部豪太さんが高校2年生の頃、ちょうど周りが受験の準備を始める中、
渡部豪太さんは「海外留学の情報を集めていた」そうです。

おそらく渡部豪太さんは周りに無闇に流されない人。というか、
自分の進みたい道を自分の納得するように見出したい性格なのでしょうね。

そして、ネットで海外留学の情報をあさっていくうちに
渡部豪太さんは「ワーキングホリデー」という制度に注目。

このワーキングホリデーは20代などの若者が
海外で働きながら暮らせる1年ほどの滞在ビザです。

確か、日本人はオーストラリアやカナダがメインの行き先になると思います。

そして渡部豪太さんは高校卒業後、カナダへ行ったそうです。

もちろん、渡部豪太さんはネイティブの日本人ですので
当時は英語が話せるわけではありませんでした。

しかし、カナダへ行く前に半年ほど語学学校に通い
英語を猛勉強していたそうです。

その徹底振りは周囲も驚くほど。

英語だけに集中していたかったため
なるべく日本人と話さないよう、あえて自分から避けていたのだとか。

そして、カナダでの留学生活では、
最初の半年はカナダ人の家にホームステイ。

その後の半年間はスノボで知り合った友人と5人で共同生活を送ったそうです。(笑)

とても楽しそうですよね。

そして、渡部豪太さんはカナダにわずか1年滞在をしただけで
現地の人から英語をほめられるほど英語力がついたのだとか。

これは絶対に自信になります。

1年で現地の人と流暢に会話できるようになる人など
海外留学する人でも本当に一握りしかいませんからね。

現地の友人達と遊びつつ、スポンジのように英語を吸収していったのでしょう。

渡部豪太さんの性格、出身校、英語 まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。
最後にこの記事で紹介した渡部豪太さんについて、まとめていきます。

・性格は子供の頃から活発で冒険好き。

・中学時代は周りが坊主の中、自分だけ髪を伸ばしていて
「さびしい」と感じる(笑)

・高校時代はバンドにはまる。

・カナダバンクーバーに1年間留学した経験がある。
一年で現地の人も驚くほどの英語力になったそう。

・大学に進学していない。

・帰国後から現在まで俳優として活躍中。

スポンサードリンク