oonosatosi

嵐のリーダーとして活躍している大野智さん、通称「大ちゃん」。
そんな彼の性格身長などはもちろん、
大野智さんの事を是非あなたにも知ってもらいたいです。

ダンス、歌、絵画の才能・・・突っ込みどころが多すぎる天然キャラ。
才能と魅力に溢れる大野智さんをご紹介しちゃいます。

まずは、性格や経歴などからいってみましょう。

スポンサードリンク


ここは押さえておくべし、大野智のプロフィール

本名:大野智
生年月日:1980年11月26日
出身地:東京都三鷹市
身長:166 cm
血液型:A型
職業:歌手、俳優、タレント
活動範囲:テレビドラマ・舞台・CM
特技:絵、ダンス、歌
所属事務所:ジャニーズ事務所
グループ名:嵐
過去の出演作品:「怪物くん」、「鍵のかかった部屋」「死神くん」

学歴:三鷹市第二小学校→三鷹市第二中学校→東海大学付属望星高校
高校は入学後3日で中退されているみたいです。
退学の経緯などの詳細はこちら→
【完全保存版】大野智(嵐)詳細プロフィール。出身地や出身校は?!

大野智さんは身長が166センチとほんの少し小柄ですが、
小顔なので全体のバランスが整っています。

ダンスをしているときはめちゃくちゃかっこいいんですよ。
その腕前は、ジャニーズの中でもトップを争うほど。
プロのダンサーからも評価されているほどなのです。

大野智の学生時代の性格は?

大野智 櫻井翔

大野智さんがジャニーズ事務所に張ったのは中学生の頃。
高校生になるころまでには先輩のバックで踊っていました。

そんな大野智さんの子供の頃の性格は・・・

他のジャニーズジュニアの子達から、
「天然だけれども実はめちゃくちゃ凄い人」と
一目置かれる存在だったようです。

大野智さんの面白エピソードとしては以下のようなものがあります。

・髪を染めながらゲームをしていたら、時間が経ちすぎて完全な金髪になってしまう

・美術以外の成績が全て「1」だった。

・SMAPのコンサートでバックダンサーを務めていたのに、休憩中に寝てしまい、気づいたら終わっていた

かなり天然なのですが、この頃からダンスや歌の才能に溢れていました。

社長のジャニー喜多川さんが他のジュニアに対して、
「大野のダンスをお手本にしなさい」と指示するほど
彼のダンスの腕前は昔からずば抜けていたのです。

そんな大野智さんですが、本人のコメントはこちら。

人づきあいで気をつけてるのは、遅刻をしないこと。
「学生時代は、いつも学校に一番のりだったよ。起きてから家を出るまで、常に時計を見てるからかな」
時間に正確なのは、プライベートでも変わらず。友だちと待ち合わせしても、時間キッカリに待ち合わせ場所に到着。
ボケーっとしているように見えるのに(失礼)
しっかりしているところはしっかりしています。

さすがトップアイドルグループ「嵐」のリーダー。

大野智 ジュニア時代

大野智さんがジャニーズ事務所に入所したきっかけは
母親が履歴書を事務所に送ったからだといわれています。

大野智さんは「ジャニーズに入りたくない」と思っていたそうですが
母親から「あんたが受かるわけ無いでしょ」といわれて、
一応試しにオーディションに行ったとのこと・・・

そうしたら、オーディション会場でダンスの試験をしているときに
社長にリズム感の良さを認められてなんと受かってしまうのです。

ジャニーズJr.内でもダントツでダンスが上手く、
先輩たちのバックダンサーを務める際には
ジャニー社長や振り付け師に

「新人Jr.は大野の後ろで踊れ」

と言わしめるほどの実力の持ち主でした。

スポンサードリンク


実はデビューに乗り気ではなかった大野智

大野智6

大野智さんはある日、スタッフさんから

「レコーディングの手伝いをして欲しい」

と呼び出されます。

そして指定されたレコーディング室に行くと、
なんとそこには「大野ソロ」の文字が・・・

戸惑いながらも大野さんはレコーディングをするのですが
それがそのままデビュー曲になりました。

しかし、大野智さんは実のところ、デビューには乗り気ではありませんでした。

というのも、既に他の夢があったからです。

デビュー直前の大野智さんの夢は芸術家になることで、
専門学校のパンフレットなどを多数取り寄せていたと仰っていました。

「ジャニーズジュニアは大人になるまではやろうかな」

と考えていた中での突然のデビューの決定だったのです。

そして、デビューした当時の大野智さんのコメントが
今見てもおかしくなってしまうほどカミカミです(笑)

嵐デビュー大野智コメント

「は・・・羽ばたきますので」ってかわいすぎますよ(笑)

ただ、これは当時の「デビューに乗り気ではなかった」という、
不本意な気持ちも多少なりともあったと思います。

以前、このようなコメントが本人からありました。

絵の関係の仕事に就こうと思い、1998年の舞台終了後に事務所に辞意を伝えた。その後もいくつかの舞台に出ることになってしまったため、1999年に改めて社長に辞意を伝えたところ、ジャニーズJr.のレコーディングの手伝いをしてほしいと頼まれた。手伝いならばと歌ったのが嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」で、その収録の一週間後、社長に遊びに行くといわれ誘われるままについて行ったハワイで嵐のデビュー会見が行われた。
ずっと「辞めたい」と伝えていたのに、半ば強制的にデビューを決められてしまったのですね。

憤りや、不安感、不信感、嬉しさ、戸惑いなど、
色んな気持ちが心の中に渦巻いていた頃だと思います。

ちなみに、大野智さんはデビューをしてから腹を括ったのか
以前にもまして猛烈に芸能活動に打ちこんでいきました。

その心には「他のメンバーよりも自分は劣っている(目立っていない)」という
気後れや劣等感があったそうです。

それから毎日ファンから届く手紙を読んで、
手紙への返事を一生懸命書いていました。

大野智さんは一度やると決めたら一生懸命になれる性格なのです。

普段はボーっとしているように見えるだけに、良い意味でギャップにやられますよね。

以前、ジャニーズの生田斗真さんもこのように仰っていました。

生田斗真

歌がうまくて、踊りもうまいのに、すごいぼ~っとしている。
なんなんだ!この人は(笑)。独特の雰囲気を持っている。
でもなんだかんだ大野智はすごい!!と思う。
大野智はJr.時代から伝説の男だった。

・・・身近な人たちから見てもそのようにみえるのですから、
ぼーっとみえるのは素の大ちゃんなのでしょう。

でも実は、頭の中でものすごくいろいろなことを考えているのだと思います。

だからこそ、自分の将来について考えて、
芸術関係の専門学校のパンフレットを取り寄せていたのでしょう。

ただ、不本意なことがあったとしてもふてくされずに、
目の前のことに頑張れる一面もあります。

だからこそ、アイドルという過酷な仕事をこなせるのでしょうね。

これは個人的な意見ではありますが、大野智さんはギャップが凄いと思います。(笑)
私はそこが大野智さんの魅力的だと思うのですが、あなたはどのように思いますでしょうか。

そんなデビュー時には複雑な心境だった大野智さんですが、
ご家族とのエピソードは非常に多くお話されています。

大野智は家族と仲良し

大野智さんは2つ年上のお姉さんとご両親の4人家族で
一家揃ってとても個性的な方々です。

お姉さんはフラワーアートの師範代をされているそうですし、
お父さんは会社の社長さんをされているといいます。

また、お母さんは大野智さんが学生時代に
「芸術以外1の成績」をとった時、
その成績表を見て怒らずに爆笑するような明るい方です。

家族の仲がとても良いことも有名で
以前大野智さんはこんなことを言っていました。

クリスマスには家族でプレゼント交換する。
お父さんとお母さんとお姉さんとお姉さんの旦那さんでWiiでボーリングをしたり、
ビンゴゲームをしてネックレスや体重計を貰った。

・・・お姉さんのご家族も一緒に、とても楽しそうなクリスマスを過ごされているのですね。

また、大野智さんはご家族とも仲が良いですが
嵐のメンバーともとても仲が良いんですよ。

そんな嵐のメンバーと大野智さんの面白エピソードはこちらです。

大野智と嵐メンバーとの面白エピソード

嵐 

■10年以上ほったらかしにしている約束・・・

大野智さんは絵がとても上手なことで有名です。

二宮和也さんに絵を描いて欲しいとお願いされて、
そのお願いを承諾するのですが、
実は・・・その約束から十年経っても未だに書いてあげていません。(笑)

■桜井翔さんのファンを自分のファンだと勘違いして・・・

・・・また、ファンが桜井翔さんに

「サインを書いてください」

と頼んだ際に、自分が頼まれたと勘違いをして
代わりにサインをしてしまったこともあります。

■大野智の私服は○○○○?!

・・・二宮和也さんからは大野智さんと偶然プライベートであったとき

「私服がオジサンみたいだった」

とコメントされていました(笑)

確かに、大野智さんは私服がおしゃれな印象はあまりないかも。
そこまでファッションにこだわりがなさそうなイメージです。

このように、大野智さんはメンバーからも
ダンスや歌唱力では一目置かれているのですが、
いろいろとイジられることも多い方だと思います(笑)

一般的に実力がある人というのは近づきにくいことが多いのですが
大野智さんは全くそのようなことがなく、とても親しみやすいのですよね。

そんな大野智さんですが、既にご存知かもしれませんが、
最近、映画の初主演が決まりました。

(祝!遂に大野智(嵐)が映画初主演、まさかの「忍びの国」)

大野さんは以前から役者の仕事でも業界人から評価されていたのですが、
なんと今回が映画初主演なのです。

今まで個性的で難しい役に挑戦されてきた大野智さんですが、
今度の映画でこなす役は

「怠け者だけど実は最強の忍者」

とのこと(笑)

なんとなく、そのイメージは素の本人に重なってしまうかも。

大野智さんらしい演技を見せて欲しいですよね。

そこで最後に、過去に大野智さんが出演したドラマを振り返ってみたいと思います。

スポンサードリンク


大野智 過去に出演したドラマ

大野智さんがこれまでに出演したドラマの代表作は
「死神くん」と「鍵のかかった部屋」です。

それぞれどのようなドラマだったのかというと・・・

死神くん

大野智 死神くん

「死神」として魂を冥界へ連れて行く役を務める死神くんが、老若男女問わず毎回異なる登場人物に対して生の尊さを訴え、召天させていくヒューマンストーリー。死期の迫った人間、あるいは死期が迫っていないのに死の淵にある人間がメインとなることが多い。各話一話完結形式のショートストーリーで構成される。

・・・これは下手な役者が演じるとなんとも寒い映像になってしまうような設定なのですが、
大野智さんの迫真の演技で妙にリアル感が出ていて、思わず引き込まれた思い出があります。

続きまして、「鍵のかかった部屋」は月9にしては珍しいサスペンスドラマでした。

鍵のかかった部屋

大野智ドラマ

防犯ショップの防犯コンサルタントで本職は泥棒である本作の探偵役・榎本径と、本作のワトスン役である美人で常識人だがどこか天然の気がある弁護士・青砥純子が、幾度か密室殺人が絡む事件に関わり、密室の謎を解き明かして事件を解決していく姿を描く。

キャッチコピーを「密室は、破れました。」とし、サブタイトルにも「密室パズルミステリー」とあるように本格ミステリー色の強い内容で、恋愛ドラマのイメージの強い「月9」では異例の作品を掲げた。

大野智(嵐)の性格や身長は?かわいい所もお見せしちゃいます。 まとめ

大野智1

以上、大野智さんの身長などのプロフィールや、
性格が推測できるようなエピソードの数々でした。

まだまだお話したいのですが、長くなってしまうので別の記事に書いていきたいと思います。

ダンスや歌も凄く上手なんですよ。
是非、この記事も読んでみてくださいね。

大野智のダンスがプロレベルで凄すぎる件について

今回は「親しみやすい」大野智さんのご紹介になりましたが
尊敬できる一面も沢山あるんですよ。

大野智関連 あなたにお勧めの記事はこちらです

【完全保存版】大野智(嵐)詳細プロフィール。出身地や出身校は?!
祝!遂に大野智(嵐)が初主演、まさかの「忍びの国」