東京オリンピックのへ出場が決まった今井月(ルナ)さん。

と持てかわいらしい顔をしているため、ハーフなのではないかと話題になっています。

この記事では今井月さんがハーフ説、そしてお兄さんも水泳選手だという話題、
更には今井月さんの母親が他界していることについて取り上げます。

今井月のプロフィール

今井月

名前:今井月(いまい るな)

生年月日:2000年8月15日

年齢:15歳(中学三年生)

出身地:岐阜県岐阜市

身長:163cm

体重:48kg

得意泳法:平泳ぎ

所属:本巣スイミングクラブ

今井月さんはお兄さんの影響を受けて
3歳のころから水泳をはじめたそうです。

それにしても、3歳から「習う」というのは凄いと思います。

もちろん最初は浮き輪などをつけて、水に慣れるところから始めたのでしょうけど、
それにしても3歳というのは驚きですよね。

やはり、選手になる為にはその位幼いころから訓練をつむ必要があるのでしょうか。

そして、今井月さんは中学1年のとき、日本選手権に出場しています。

なんと、日本選手権には大人も出場するそうです・・・

そのような中、今井月選手は平泳ぎ200mで3位、入賞。

これは才能がありますよね。凄すぎます。

13歳のときに大人達に勝っているわけです。
もはや、「天才」といっても良いと思います。

このころから将来を有望視されていたに違いありません。

そして、この今井月さんのこの成績がメディアに注目されて、
全中の水泳大会では驚くべきことに、「二冠」を達成。

中学生の時点で、東アジアなど、世界で活躍されていたそうです。

そしてとうとう、東京オリンピックの出場を決めましたね。

何故、今井月さんはこれほどまでに強いのでしょうか。

その理由は、「足の大きさ」にあるといわれています。
なんと彼女の足は中学三年生時点で

「26.5cm」

あるそうです。

これは日本の成人男性の平均です。

この大きな足から生み出される強力なキックが
今井月さんの強力な武器だといわれています。

一度の力強いキックで、相当な距離を進むのでしょうね。

映像などで今井月さんが泳いでいるところを見ていると
一回のキックで進む距離を他の選手と比べたときに

「ぜんぜん違う、とても長い」

と感じます。

そんな今井月選手ですが、憧れの選手はあの
「北島康介」選手だそうです。

北島康介選手も日本人離れして圧倒的に強いので
同じようにあこがれているのかもしれませんね。

そして、実は、今井月選手が水泳を始めるきっかけになった

「お兄さん」

ですが、彼も競泳選手なのです。

今井月さんのお兄さんも競泳選手?

今井流星

今井月さんのお兄さんは名前を今井流星(ひかる)といいます。

そして、今井流星さんも競泳選手として輝かしい成績をお持ちです。

まさかの、全国中学水泳競技大会で「優勝経験」があるとか。

兄妹そろって凄すぎます。

今井流星選手も現役高校生で、い毎月選手と同じく
「平泳ぎ」を得意とする選手です。

今後、実力をつけてものすごい活躍をされるかもしれません。

お兄さんの今井流星さんのこともとても楽しみです。

それにしても、何故今井月選手はこれほどまでに
大きな足や引き締まった筋肉をもっているのでしょうか。

もしかすると今井月選手はハーフなのではないかと話題になっています。

今井月はハーフなの?

今井月さんは整った顔立ちと割と大きめな体格から

「ハーフなのではないか」

という説があります。

確かに日焼けしているのか肌の色は褐色ですし、
目も大きくやや日本人離れした顔立ちです。

しかも、スポーツが圧倒的に強いというのも
「外人の血」が流れている可能性が高そうですよね。

実際のところはどうなのでしょうか。

実は、今井月さんの父親は「日本人」であることが発覚しています。

母親に関しては、「リサ」という名前のようです。

ただ、「今井月」さんの「ルナ」という名前の読み方は
インド・ヨーロッパの地方で

「月の女神」

を意味する言葉だそうで、もしかすると
今井月さんの母親はヨーロッパ系の女性かもしれません。

ただ、今井月さんの母親ん関しては
今井月さんがまだ幼いころに「他界」されていることがわかっています。

今井月さんの母親が他界?

今井月さんの母親の「リサ」さんですが、
なんと38歳という若さで他界されてしまったようです。

当時、今井月さんは8歳のお誕生日を迎えたばかり。

8歳の子供にとって母親の死は重く、今井月さんはとても悲しく、
さびしい思いをされて育ってきたのではないでしょうか。

今井月さんのお母さんは生存中、
今井月さんの水泳を応援してくれていたそうです。

そのお母さんへの感謝の気持ちもあってか、
今井月さんはこれまでの練習ではお母さんののことを思いながら
東京オリンピックを目指してきたと語られていました。

ずっと愛するお母さんのことを思ってきたなんて
本当に大好きなお母さんだったのでしょうね。

是非、東京オリンピックでは金メダルととって
天国にいるお母さんを喜ばせてあげてほしいです。