セールスコピーライティングという言葉を聞いたことがある人はあまりいないかもしれません。

日本ではまだまだ知名度の低い言葉です。

しかし、アメリカではセールスコピーライティングは非常に有名な言葉であり、既に100年以上前から研究研鑽されてきた技術です。

しかも、セールスライティングという技術は莫大な収入につながる事で知られており、セールスライティングを習得した人の中には何人もの億万長者が誕生しています。

そして、このセールスライティングというスキルはここ10年ほどで徐々に日本でも火がついてきているのです。

そこで今回はこの「セールスライティング」というスキル、技術に焦点を当てて、幾つか要点をご紹介していきたいと思います。

では、セールスライティングがどのような技術なのかというと、率直に「文章で物を売る技術」のことです。

つまり、文章上でセールストークとを行い、その文章を読んだ人に商品やサービスを購入してもらうための技術をセールスライティングと言います。

例えば、あなたがインターネット上で健康器具や美容化粧品を購入したとします。

その時に、それらの商品の特徴や魅力について語られている文章がホームページなりサイトなりに乗っているはずです。

このホームページやサイトに掲載されている「商品をアピールする文章」を書く技術こそセールスライティングなのです。

ちなみに、セールスライティングによって書かれた文章をセールスコピー、もしくはセールスレターと呼ぶのですが、これらセールスコピーは読んだ人の心理を巧みに動かす仕掛けが何重にも施されており、その文章を読んだ人の感情や欲求を刺激し、遂には居ても立っても居られない状態にまで動かし、最終的にその商品を購入に至らしめます。

このように描写するとやや大げさで、冗談半分に聞こえてしまうかもしれません。

しかし、普段私たちがインターネット上で何気なくホームページを見ていると、そこで紹介されている商品がなんとなく気になり、しばらく商品説明文を読んでいるとだんだんと欲しくなり、思わず買ってしまったという経験をお持ちの人もいるかもしれません。

もちろん、そんな時は、自分自身で購入を決断したと感じているかもしれませんが、そのような心理に至らせた決して無視できない要因としてセールスコピーの存在があり、実をいうと、まさにそのような人はセールスコピーに巧みに心理を誘導され、行動を導かれている瞬間だといえるのです。

そして、今は言うまでもなくインターネットで人が売買を日常的に行う世の中であり、その傾向は今後もより一層強まってくることは間違いありません。

つまり、今よりも多くの人がインターネット上でセールスコピーを目にすることになり、商品を購入する回数、そして支払う金額も右肩上がりに推移していくことが予想されるのです。

そのような時、セールスコピーを書ける人に圧倒的な需要が生まれることはいうまでもありません。

何故なら、人はインターネットで商品を購入する際、結局のところその商品に添えられている文章で購入の判断をするからであり、売れるセールスコピーを用意することができれば商品を爆発的に売ることができるからです。

例えば、100人がサイトに訪れた時、売れるセールスコピーを用意することができれば、100人中10人が購入してくれるかもしれません。

しかし、売れないセールスコピーしか用意できなければ100人中1人しか商品を購入してくれ無い可能性もあります。

どれだけ広告費にお金をかけて人を集客したところで、集客先のサイトに用意されているセールスコピーひとつで売り上げに10倍以上の差がついてしまうことになるのです。

そして、これは決して冗談でも大げさでもなく、過去にはセールスコピーの一部分を変更しただけで19.5倍以上も売り上げが伸びたケースも存在します。

そのくらいセールスコピーはインターネットで物を売るときに重要なスキルであり、引いては必要不可欠なスキルだといえるのです。

ですから、そのようなセールスコピーを書くことできる人には莫大な報酬が約束されますし、仕事の依頼も次から次へと殺到することになります。

つまり、インターネットで買い物をする機会が増えている今、セールスコピーには緊急的な課題といってもいいほどの大きな需要が生まれ、それに伴いセールスコピーを書くことができる人材も物凄い勢いで求められているのです。

しかし、先述したように日本ではまだまだセールスコピーライティングという技術そのものの認知度が低く、この技術を専門に持ち合わせている人はほとんどいません。

だからこそ、今からすぐにでもセールスコピーライティングを学び始めれば、先駆者利益とでもいえる「市場を妙味」を存分に噛みしめることができる可能性が高いのです。

では、どうすれば「文章で物を売る技術」、すなわちセールスコピーライティングのノウハウを習得できるかというと、まずはセールスコピーの法則を学ぶ必要があります。

セールスコピーにはアメリカで100年以上前から科学的にデータを取ながら計測されてきた、書き方の法則とでもいえるノウハウが存在し、その法則に沿ってコピーを書くことで売れるコピーを書くことができるのです。

なので、まずは何よりもその法則を学ぶところから始める必要があります。

ちなみに、初心者にもセールスコピーを上手に解説していると感じたサイトはここです。

?さあ、セールスコピーライターになろう

そしてセールスコピーの法則を学んだなら、次に重要なことはその法則に沿ってコピーを書く訓練を積むことです。

セールスコピーを書くことは実体験がものをいう技術であり、抽象的な法則を学んだだけでは養うことのできない感覚、センスがあります。

それらの感覚、センスを養うためにも実際に経験する必要があるのです。

これは、自転車の乗り方、スポーツ、武道、料理、美術、音楽などと同じようなものだと思います。

法則を学び、押さえておかないことには何が正しく何が間違っているのかを認識することができないので、スキルを向上させていくことが難しくなってしまうのですが、一方で法則だけで知っていても実践を積まない限り実際にコピーを書けるようになりません。

ただ、自転車に乗るのと同じように、セールスコピーは基本的に一度身に着けたら体に染み込むものなので書き方を忘れてしまうこともありませんし、多少感覚が鈍ってもすぐに思い出せるようになります。

そして、この技術は流行り廃りの激しい他のありとあらゆる資格と異なり、人間の心理に基づく技術であることと、文章を核技術であること故、使えなくなることがまず考えられません。

根本的な人間心理は人類が誕生したころからほとんど変わっていないそうなので、少なくとも10年20年で使えなくなることはまずありませんし、そのような意味では日本語がなくならない限りずっと活用することができます。

そして、文章を書くことだけで稼げるので、基本、働く時間や場所にとらわれない自由なライフスタイルを手に入れることが可能なのです。

何より、年収1000万円以上の収入を得ることも十分に期待できる職業である事に加え、インターネットさえあればどこでいつ働いてもいい仕事なので、ライフスタイルの自由度は格段に向上する職業だといえます。

だからこそ、もしあなたがお金を稼ぎたい、自由なライフスタイルを手に入れたい、というのであればセールスコピーを学んでみるといいかもしれません。

実は私もセールスライティングを先生から習っている一人で、その先生が最近始めたサイトがこちらなのです。
とてもわかりやすく、ためになる話が多いのでいつも勉強させていただいております。

もしあなたもセールスコピーライティングに興味があれば、勉強して見ることをお勧めします。

ちなみに、人間心理を動かす文章術は物を売るときだけではなく、好きな人を落としたいときや、会社の人間を動かしたいときなどにも大いに重宝できる有効性の高いスキルです。

LINEやメールを頻繁に活用する人であれば使い勝手は抜群だと思います。